TOP ニュース

ニュースリリース

人工知能技術を活用した、次世代型の音声対話システム
バーチャルオペレーターソリューション「AmiAgent」10月1日より販売開始

2015/09/10
ニュースリリース

 株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、バーチャルオペレーターソリューション「AmiAgent(アミエージェント)」を10月1日(木)より販売開始いたします。人工知能技術活用した、次世代型の音声対話システムです。

 バーチャルオペレーターソリューション「AmiAgent」は、音声認識エンジンAmiVoiceと対話エンジンAOI(アオイ)を軸に、音声合成エンジン、キャラクター、外部システム接続用インターフェイスを兼ね備えた、カスタマイズ型の統合ソリューションです。スマートデバイス向けアプリケーション、自動応答電話(IVR)サービス、パソコン、ロボット、家電製品、カーナビ、など様々なデバイスに対応いたします。
 「AmiAgent」は、従来人が実施していた企業の窓口業務や対応などを、対話技術を用いて「素早く・楽しく・便利」に行う次世代型の音声対話システムです。人工知能技術を活用し、自然な対話と高い認識率を実現しました。人に替わり、顧客からの問合せ対応、雑談対話、プロモーション、セールス支援、ビッグデータ収集、などの幅広い業務を集約し、自動化することで、コスト削減とユーザーの利便性向上の両立を実現いたします。
 初期費用(カスタマイズ費含む)は200万円からで、月額利用料は業務用途に応じて異なります。

スマートフォン向けアプリケーションでの活用イメージ

<バーチャルオペレーターソリューション「AmiAgent」の特長>
■デバイスとサービスに応じたカスタマイズ型の統合ソリューション
デバイスとサービスに応じたカスタマイズ利用が可能です。例えば、スマートフォン向けアプリケーションはキャラクターによる対話システムの利用、電話は音声認識IVRシステムの利用、PCはWEBブラウザでのテキストチャットの利用など、異なるデバイスに対しても、同内容の対話サービスを提供することができます。

■顧客コミュニケーションの活性化と満足度の向上
FAQを使った問合せ対応や雑談対話は勿論、キャンペーンやPRメッセージの配信、アンケート、意見や要望の収集など、相互でやりとりを行う事が可能です。自動化による対応コストの削減を行いながら、企業とユーザーとの距離を縮めます。また、対話のログを蓄積し、分析することで、企業ごとの業務知識やユーザーごとの好みの学習を行い、個々に合わせた対応を行います。キャラクターの見た目は、ユーザー側で自分好みにカスタマイズすることもできます。訪日観光客の利用を見込み、外国語にも順次対応予定です。

 事業の展開につきましては、まずはコンタクトセンター業務での活用を中心に、ソリューション提供を行う予定です。既に大手銀行と共同で「AmiAgnet」の実証実験を行っており、こちらは来年の本稼働を予定しています。対話エージェントの市場と普及の拡大に努め、3年間で30社への導入を目指します。

 今後、アドバンスト・メディアでは、対話技術の開発と展開を重要な戦略と位置づけ、新たな価値と市場の創造に、積極的に取り組んでまいります。

※注釈 : HOYAサービス株式会社の音声合成ソフトウェア VoiceTextを使用

以上

本件のお問い合わせ

経営管理部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032

応用技術開発部 森脇
TEL:03-5958-1034
FAX:03-5958-1033