TOP ニュース

ニュースリリース

業界初!内覧会で室内のやり取りを見える化!
AI音声認識を活用した「内覧会の運営支援アプリ」 12月1日より販売開始

接客業務を平準化し、効率的で顧客満足度の高い内覧会運営を実現

2018/11/29
ニュースリリース

 株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、建設・不動産業界初(当社調べ)となる、AI音声認識を活用し、内覧会で室内のやり取りを見える化する内覧会運営支援アプリを12月1日より販売開始いたします。建築工程管理のプラットフォームサービス「AmiVoice スーパーインスペクションプラットフォーム」の新サービスです。

 

 新築集合住宅では、建物の引渡し前に購入者に対して物件の付帯設備の説明および室内の内装仕上げを確認頂く内覧会を行っています。内覧会では案内員の説明に基づき、購入者が設備や仕上げを確認し、不具合箇所を発見した場合は双方確認のもと補修や交換を行います。スムーズで効率的な案内が求められる一方、案内員と購入者のやり取りは密室で行うため、建設会社等、運営会社は個々の内覧会の説明進行状況や指摘事項等を案内終了まで把握できないという課題がありました。

 「AmiVoice スーパーインスペクションプラットフォーム(内覧会)」は、内覧会での室内のやり取りを見える化し、効率的な運営を可能にするアプリケーションです。案内員はタブレットを使い、購入者への案内や指摘事項の入力を行います。事務所からは、案内人の説明進行状況の確認や購買者からの指摘事項の数や内容などを確認することができます。また案内員からのクイック補修要請や連絡がリアルタイムで実行できるため、よりタイムリーなフォローが可能になります。案内員はタブレットの表示画面で説明内容を確認できるため、これまで個々のスキルに偏っていた接客レベルを平準化し、より顧客満足度の高い内覧会運営を実現します


【AmiVoice スーパーインスペクションプラットフォーム(内覧会)、特長】

① タブレット画面表示に従って内覧会を進行。スムーズな案内と接客レベルの平準化を実現
案内員はタブレットに順番に表示される説明事項に従い案内を行うため、説明不足や漏れを防ぎます。購入者からの指摘事項は音声認識を使いタブレットに入力。これまでの手書きでの書類作成と比較し、大幅な効率化を実現します。入力された指摘事項は即データ化され、事務所と共有されます。

 

② 密室の内覧会の業務を可視化。離れた場所でもリアルタイムで情報共有が可能
内覧会の進行状況、指摘事項の件数や内容、案内員が行った説明事項等を、WEBブラウザからリアルタイムで確認できます。事務所等、離れた場所から全案内員の状況が把握できるため、スケジュール作成や変更等もスムーズに行う事ができます。


③ タブレットからワンタップで担当者に即連絡。修繕対応を効率化

購入者の前で発言しにくい情報や、リペア要請をワンタップで事務所や作業者に連絡できます。緊急対応や協力施工会社による修繕対応がよりスムーズに行えます。

 

基本利用料が1内覧会あたり19万8,000円(税抜)、1端末あたりの月額利用料が9,800円(税抜)です。

基本利用料 ※1内覧会あたり 19万8,000円/月額
ライセンス費用 ※1端末あたり 9,800円/月額
帳票カスタマイズ 10万円/式
データ登録料 ※別途お見積り 図面登録 300円/枚

※価格は全て税抜

【AmiVoice スーパーインスペクションプラットフォーム、概要】
音声認識を活用したスマート端末用(iPad・iPhone)の建築工程管理のプラットフォームサービスです。配筋検査・配筋写真管理・建築仕上げ検査の3つの検査・管理をワンストップで行うことで、建設現場における作業効率の向上を実現します。12月1日より、新たに「内覧会」のサービスが開始となります。
http://amivoice-super.com/sip/

以上

本件のお問い合わせ

経営管理本部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032

ビジネス開発センター
TEL:東京03-5958-1422 大阪06-7167-0991
FAX:東京03-5958-1032 大阪06-7167-0992