会社沿革

1997年 12月
音声認識ベンチャーとして、株式会社アドバンスト・メディアを東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目32番6号に設立。
1998年 1月
Interactive Systems, Inc.社(米国)と日本語音声認識システムAmiVoiceの共同開発を開始し、同時にAmiVoiceをベースとした音声認識市場の構築事業に着手。
1999年 3月
AmiVoiceの評価・改良のために「音声認識ソフトウェアの研究コンソシアム(IVSRG)」を結成。開発支援ツールキット「AmiVoice SDK(バージョン1.0)」をリリース開始。
2000年 7月
開発支援ツールキット「AmiVoice SDK(バージョン3.0)」をリリースし、ソリューションサポート事業を開始。本社を東京都豊島区東池袋三丁目1番1号に移転。
11月
ホームページ音声認識アプリケーション「AmiVoice Web」をリリースし、企業向けのライセンス事業を開始。
2001年 11月
開発委託先である関連会社Multimodal Technologies, Inc.社(米国)設立。
Interactive Systems, Inc.社をMBOによりMultimodal Technologies, Inc.社に吸収。
2002年 3月
通信をベースとした分散型音声認識AmiVoice DSR(Distributed Speech Recognition)を発表。
放射線画像診断レポート用音声認識アプリケーション「AmiVoice Medical for Radiology」をリリース。
10月
AmiVoice DSRによりPDAでディクテーションが可能となる「AmiVoice DSR for Dictation/PDA」をリリース。
11月
サーバークライアント型音声認証アプリケーション「AmiVoice ID」をリリース。
2003年 4月
医療用書き起こしアプリケーション「AmiVoice Medical Scribe」をリリース。
5月
音声認識アプリケーション製品の開発支援ツールキット「AmiVoice SDK(バージョン5.0)」をリリース。
8月
議事録作成支援アプリケーション「AmiVoice Rewriter」、コールセンタ向けアプリケーション「AmiVoice CallScriber」、営業日報作成支援アプリケーション「AmiVoice Reporter」をリリースアプリケーションをリリースし、ライセンス事業を開始。
2004年 3月
医療向け電子カルテアプリケーション「AmiVoice Ex(Hospital/Clinic)」をリリース。
6月
音読型日本語学習アプリケーション及び対話型英会話練習アプリケーションの販売開始。
10月
AmiVoice DSRのフロントエンドをASICチップ化し、携帯電話への実装に成功。
2005年 1月
調剤薬局向けに音声認識アプリケーション「AmiVoice Ex Pharmacy」をリリース。
2月
日本人学習者向け英語発音矯正アプリケーション「AmiVoice CALL-pronunciation-」をリリース。
3月
愛知万国博覧会に当社の対話技術を装備した4カ国対応の受付案内ロボット(アクトロイド)をリリース。
6月
東京証券取引所マザーズ市場に上場。
7月
携帯電話での音声検索サービスを行う子会社 株式会社ボイスドメインサービスを設立。
10月
経営基盤拡大のため、エムシーツー株式会社を子会社化。
2006年 3月
ビジネスメール文章入力ソフト「AmiVoice Ex BizMail」をリリース。
4月
声紋認証による自動開錠システム「開けドアシステム」をリリース。
8月
音声認識のコンサルティングを行う、子会社 株式会社ボイスキャピタル・ソリューションを設立。
NTTドコモビジネスFOMA「FOMAR M1000」向け音声入力ビジネス統合ツールをASP形式にて発売開始。
9月
音声認識による室内機器音声コントロールシステム「AmiVoice SceneDirector」 をリリース。
10月
国際的な起業家表彰制度「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」の日本代表に代表取締役の鈴木清幸が選出。
2007年 5月
声紋認証「AmiVoice Guard」をリリース。
8月
株式会社富士通製FOMA(R)端末「らくらくホンIV」(富士通製)に、「AmiVoice DSRクライアント」が採用。
11月
一般コンシューマー向け音声認識ソフトウェア「AmiVoice Es 2008」販売開始。
NTTドコモ FOMA(R)端末905iシリーズ向け音声認識サーバの提供開始。
携帯コンテンツサイト「声ちぇき!」運営開始。
2008年 4月
連結子会社エムシーツー株式会社全株式を売却。
NTTドコモ、弊社AmiVoice DSR搭載富士通製「らくらくホン プレミアム」向け、「音声入力メール」サービス提供開始。
9月
タイ王国に子会社AmiVOICE THAI CO., LTD.を設立。
10月
「音声入力メール」における音声認識技術が、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)主催の「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー(R)2008」を受賞。
2009年 5月
議事録作成支援システムが東京都議会の全常任委員会で導入。
7月
iPhone向けアプリ「音声認識メール」をリリース。
8月
株式会社ニチイ学館との資本業務提携を締結。
11月
コールセンタ向け音声統合ソリューション「AmiVoice CommunicationSuite」をリリース。
一般コンシューマー向け英語発音矯正ソフト「AmiVoice CALL Lite -pronunciation-」をリリース。
2010年 6月
東邦薬品株式会社との共同開発品、音声認識薬歴作成支援システム「ENIFvoice SP」リリース。
7月
一般コンシューマー向け音声認識ソフトウェア「AmiVoice SP」をリリース。
10月
株式会社ニチイ学館との共同事業「株式会社サイバークラーク研究所」、営業開始。
2011年 3月
ヤフー株式会社と共同開発のiPhoneアプリ「音声検索」、Yahoo!ラボに公開。
8月
医療向け音声入力システム「AmiVoice Ex7」をリリース。
持分法適用関連会社Multimodal Technologies, Inc.(米国)株式全てを、MedQuist Holdings, Inc.(米国、NASDAQ 上場)に譲渡。
9月
クラウド型音声認識サービス「音声認識ブラウザ for iOS/Android」をリリース。
2012年 3月
リハビリテーション向け音声入力システム「AmiVoice Ex7 Rehabili」をリリース。
6月
企業向け音声認識クラウドサービス「AmiVoice Cloud」販売開始。
精神科向け音声入力システム「AmiVoice Ex7 MentalCare」販売開始。
11月
KDDI株式会社の声でスマートフォンを操作できるアプリ「おはなしアシスタント」にAmiVoiceを提供。
一般コンシューマー向け音声認識ソフトウェア「AmiVoice SP2」をリリース。
NTTドコモ2012冬モデルスマートフォン AQUOS PHONE ZETA SH-02E(シャープ製)に音声認識技術AmiVoiceを提供。
12月
スマートフォン・スマートタブレット向け「AmiVoice Smart」をリリースし、放射線科専門医向け「AmiVoice Smart for Radiology」を提供。
2013年 3月
ボイスピッキングシステム「AmiVoice Picking」をリリース。
iPhone向け新感覚WEBブラウザ「AOI Browser」をリリース。
5月
カーナビアプリ「カーナビタイム for Smartphone」に自動車向け音声認識エンジンを提供。
9月
株式会社グラモを完全子会社化。
11月
クラウド型音声認識文字起こしサービス「VoXT」をリリース。
12月
ビジネス開発センター(大阪)を設立。
2014年 4月
自社運用型の音声認識システム「AmiVoice Server for On-premise」の販売を開始。
7月
テレビ朝日クリエイトと音声認識を活用したテレビ向け字幕制作支援システム「J-TAC」を共同開発。
サトーとiPod touchを利用したウェアラブル型ボイスピッキングシステム「AmiVoice iPicking」を共同開発。
8月
株式会社速記センターつくばを完全子会社化。
11月
タイの大手通信事業会社TrueグループのTrue Touchと合弁会社True Voice Company Limitedを設立。
12月
医療・介護向けクラウド型音声入力サービス「AmiVoice CLx」をリリース。
2015年 9月
音声認識・音声対話専用のバッジ型ウェアラブルデバイス「AmiVoice Front WT01」をリリース。
人工知能技術を活用したバーチャルオペレーターソリューション「AmiAgent」をリリース。
2016年 3月
三菱東京UFJ銀行のAI音声対話アプリに「AmiAgent」が採用。
7月
音声認識インカムサービス「AmiVoice INCOM」をリリース。
11月
音声認識 多言語翻訳サービス「AmiVoice TransGuide」をリリース。
2017年 3月
医療カンファレンス向け 音声認識 議事録作成支援ソフトウェア「AmiVoice Medical Conference」をリリース。