Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 20
            [name] => 議事録・書き起こし
            [slug] => minutes-2
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 20
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 01_00
            [parent] => 0
            [count] => 44
            [filter] => raw
        )

)

議事録・書き起こし

北海道 上富良野町役場様

PDFで見る
音声認識率が向上し運用コスト削減
認識前の処理が不要になり効率化も
テーマ 議事録作成・書き起こし
業種 公共・自治体
規模 51名~300名
サービス AmiVoice ScribeAssist
効果 コスト削減 ,情報共有の迅速化 ,業務効率化

導入済みの音声認識サービスでの課題

上富良野町では、町議会・委員会などの会議録作成の効率化を目指し、以前から別の音声認識システムを利用していました。そのシステムはクラウド型のサービスで、一回に認識できるデータ量に制約があり、長時間の録音データを文字起こしする場合にはあらかじめデータを分割する必要がありました。そんな中「AmiVoice ScribeAssist」を紹介いただき、データ分割の必要がない点に興味を持ちトライアルを行いました。

音声認識精度が向上し、運用コストも削減

トライアルでは、定例会・町議会・委員会の録音データで従来のサービスと音声認識精度を比較しました。特に「議会」辞書を利用した場合、「AmiVoice ScribeAssist」の方が音声認識精度が高いことが確認できました。また、認識率以外にも以下の点を評価し、導入を決定しました。

1.一度に処理できるデータ量に制限がないため、長時間の会議でも事前に録音データを分割する必要がなく業務が簡素化できる
2.従来のサービスよりも料金が安価で、運用コストの削減が期待できる
3.認識結果をリアルタイムにポップアップ表示する機能があり、会議の様子を配信する際にリアルタイム字幕として利用できる

今後「AmiVoice ScribeAssist」に期待すること

さらなる音声認識率の向上はもちろんですが、特に字幕表示機能の強化について期待しています。今よりもう少し細かく表示方式をカスタマイズできたり、リアルタイムに文字起こししたデータを出力できたりすれば、さらに利用用途が拡大できると考えています。

製品へのお問い合わせ・製品情報について