AmiVoice® ScribeAssist

各種オンライン会議システムと併用可能
スタンドアローン型 文字起こしアプリケーション
「AmiVoice ScribeAssist(アミボイス スクライブアシスト)」は、WEB会議や商談、会見など、対面・非対面の幅広いシーンで利用できるスタンドアローン型 文字起こしアプリケーションです。
各種オンライン会議システムと併用可能で、議事録作成に役立つ機能を多数搭載しています。リアルタイム・バッチで音声認識・編集が可能です。

特長

 

AmiVoice ScribeAssist製品紹介

 

特長①

録音から文字起こしまでをワンストップで実現

会議音声の録音からテキストの編集、文字起こし内容の出力まで1つのソフトウェア内で行うため、複数のアプリケーションを行き来する手間がありません。音声の再生や認識結果の修正はキーボード操作だけで簡単に行うことができ、文字起こし作業の時間を大幅に短縮します。

特長②

リアルタイム認識・バッチ認識に対応。リアルタイムでの文字起こしが可能

リアルタイムでの音声認識に加え、録音した音声データを取り込んで文字化するバッチ認識にも対応しています。
また、音声認識でテキスト化されたものから順次、修正作業に着手することができるため、会議進行と同時に文字起こしを行うことも可能です。

特長③

専用サーバー不要で、各種WEB会議システムから音声収録が可能

PC内の音声を収録するため、面倒な開発や設定をする必要がありません。全てのオンライン会議システムでご利用いただけます。

特長④

セキュアな環境を実現するスタンドアローン型

オフライン(インターネット未接続)の状態で音声認識が可能なスタンドアローン型のため、情報漏洩のリスクがなく、機密情報等を扱う会議でも安心してご利用いただけます。

特長⑤

ライセンス方式を選択可能。お客様に合わせた柔軟な運用をサポート

起動制御の方式は、USBキーで認証する「USBキーライセンス」、端末固有情報で認証する「端末固定ライセンス」、サーバーで認証する「フローティングライセンス」からお選びいただけます。「フローティングライセンス」方式の場合、社内サーバー版・クラウド版の2種類が選択可能です。

特長⑥

会議の内容に合わせて選べる、4種の音声認識エンジン

幅広い会議で汎用的に使える「ビジネス」、医療用語を使用する会議に適した「メディカル」、議会・委員会特有の用語に特化した「議会」、英語を用いた会話・会議に適した「英語」の4種の音声認識エンジンをご用意。
会議ごとに最適な音声認識エンジンを選択することで、専門用語や業界用語も高精度でテキスト化します。

特長⑦

議事録作成に便利な各種機能を搭載

・AI話者識別機能
録音中に発言者を選択するだけで、事前の声紋登録をすることなく、出席者情報を元にAIが発言者を自動的に識別します。また、1対1のWeb会議であれば、マイクデバイスごとに発言者を設定することも可能です。
既に録音した音声ファイルの文字起こしを行う場合も、発言者と発言内容を数回紐付けるだけで自動的に発言者を識別して入力します。

 

・単語登録機能
単語を登録することで、専門用語や業界用語、固有名詞等も高精度に認識します。登録内容は即座に反映され、会議録音中でも追加・編集が可能です。複数のリストに分けて登録できるため、会議ごとに最適な単語リストを作成いただけます。

 

・キーワード設定機能
会議における重要な単語を事前に設定することで、テキスト化された発言内のキーワードをハイライト表示します。
※キーワードが含まれる部分だけを抽出し、Wordファイル等に出力可能です。

 

・タグ付け機能
発話ごとの音声認識結果に、ワンクリックで「重要チェック」「決定事項」「ToDo」などのタグをつけることが可能です。テキスト編集中やWordファイルなどへの出力後に該当箇所を確認しやすくなります。
※タグ付けした部分だけを抽出し、Wordファイル等に出力可能です。

特長⑧

リアルタイム字幕表示で難聴者・聴覚障がい者とのコミュニケーションをサポート

・ポップアップ機能
通常の画面よりも大きい文字サイズ、カラーユニバーサルデザインに配慮した黒背景、白文字を採用したポップアップ画面により、会話内容を見やすく表示します。発話者の名前と発言内容が紐づいており、ポップアップ画面を見るだけで会話の流れや発言者を把握することが可能です。

 

・Zoomミーティング・ウェビナー字幕機能
Zoomミーティング・ウェビナーでの会話を画面内に字幕として表示します。参加者は、各自Zoom内で字幕表示の有無や、文字サイズ(大・中・小)を選ぶことが可能です。話者情報も付与できますので、発言の冒頭に発言者の名前を表示することも可能です。AmiVoice ScribeAssistをインストールしていない人のZoom画面にも字幕を表示できます。

動作環境

「AmiVoice ScribeAssist」をご利用になるには、事前にアプリをインストールしていただく必要があります。
インストールするには、以下の動作環境が必要です。

CPU インテル Core™ i5プロセッサー
 (ターボ・ブースト利用時の最大周波数2.5GHz)以上
メモリ 8GB以上
ハードディスク 1GB以上の空き容量(インストール時)
 ※音声データなどの保存領域が別途必要
OS  Microsoft Windows 10
 ※.NET Framework4.6.0以降がインストールされており、有効になっていること

※日本語版、64ビット版(x64)
※32ビット版(x86)には対応しておりません
※Mac、Linuxには対応しておりません
※仮想化環境(仮想デスクトップ、仮想アプリケーション)はサポート対象外となります
※音声入力・音声再生には、マイク入力端子・ヘッドフォン端子(またはUSBポート)が必要です

推奨マイクについて

マイク設備の重要性、シーン別推奨マイクのご紹介 音声認識「AmiVoice文字起こしソリューション」

カタログダウンロード

AmiVoice ScribeAssistの製品資料をダウンロードいただけます。

 

製品資料をダウンロード

導入事例動画

【導入事例】株式会社 仙台放送 様

関連する導入事例はこちら

株式会社And Doホールディングス様
株式会社And Doホールディングス様

取締役会の全文記録にAI音声認識を活用
担当者の業務負荷を大幅軽減

サービスAmiVoice ScribeAssist

データ活用 リモートワークでの活用 業務効率化

株式会社日本金融通信社様
株式会社日本金融通信社様

取材・編集会議を
AI音声認識でテキスト化
執筆作業の効率化を実現

サービスAmiVoice ScribeAssist

人的ミスの抑制 情報の質的向上 業務効率化

関連する製品情報はこちら

製品に関するお問い合わせについて