• HOME
  • お役立ち
  • インタビューの音声を文字起こし!報道機関における音声認識の重要性

お役立ち

インタビューの音声を文字起こし!報道機関における音声認識の重要性

新聞社・出版社における音声認識の重要性

新聞社や通信社などの報道機関において、速報性と正確性は情報伝達の基本的な要件です。時代の変化とともに、これらの要件を満たすための新たな取り組みが始まっています。その中でも近年注目されているのが「音声認識技術」の導入です。音声認識は、音声をテキストに変換する技術で、多岐にわたるメリットがあります。

この記事では、報道機関で音声認識技術を使うメリットや、活用事例について紹介します。

1. 報道機関で音声認識を活用するメリットとは?

報道機関が抱える問題として、業務の過酷さがよく挙げられます。膨大な情報の中から、読者に伝えるべきニュースを取捨選択し、出来るだけ早く正確な情報を伝える必要がある一方、常に締め切りに追われています。近年では電子版やウェブ媒体が主体となりつつあるため、より一層のスピード感が求められています。

1-1. 速報性

音声認識を使うメリットの1つは、速報性の向上です。取材やインタビューの内容を文字に起こすためには時間と手間がかかります。しかし、音声認識技術を導入することで、スピーディーな文字起こしが可能となり、情報を即座に記事化することができます。これにより、速報性の高いニュースや記事を迅速に提供することができます。

1-2. 正確性

正確性の向上も大きな利点です。音声認識技術は、高い精度で音声をテキストに変換することができます。更に、音声と文字が紐づいているため、音声を聞きながら文字を確認することが可能です。これにより、誤解釈や聞き間違いによる情報の歪みを減らすことができます。正確な情報は、読者や視聴者に信頼性を提供し、メディアの信用性を高める要素となります。

2. 自動文字起こしの活用シーン

報道機関で音声認識技術はさまざまなシーンで効果を発揮しています。取材やインタビューの際には、音声を文字に起こす作業が必要です。対象者へのインタビュー、ぶら下がり取材、記者会見、口頭メモなどに音声認識を利用すれば、手早く正確にテキスト化できます。これにより、記者はより迅速に記事制作に取り組むことができます。

また、音声認識は出版物の制作においても有用です。例えば、音声を書籍や雑誌のテキスト化に活用することで、著者の言葉を正確に再現し、原稿作成の効率を高めることができます。
オーディオコンテンツの文字起こしにも役立ち、多様なメディアプラットフォームでの配信やアクセシビリティ向上に貢献します。

さらに、社内会議の議事録作成にも活用できます。従来は、会議の内容を手作業で書き起こす必要がありましたが、音声認識を導入することで効率的に議事録を作成できます。これにより、会議の内容を正確かつ迅速に共有し、意思決定やフォローアップのスピードを向上させることができます。

5分で分かる!文字起こしサービス「ProVoXT」資料ダウンロード

3. 4割時間減!インタビューでの音声認識導入事例

雑誌・WEB媒体を発行しているイシン株式会社では、取材音声の文字起こし業務に音声認識サービス「ProVoXT」を導入しました。音声認識を活用することで、インタビューの文字起こし時間が4割減少し、肉体的・精神的な負荷が軽減され、スムーズな原稿執筆が可能になりました。単なる4割の時間削減だけでなく、1日にこなしていた取材文字起こしの本数も増加しました。例えばこれまで1日にやっていた4本の取材文字起こしが、6本、7本とできるようになりました。
文字起こしは、執筆の前の準備業務ですが、原稿作成の前段階として絶対に必要な作業です。ただ、これまでは連続して文字起こしを行うと、何もやる気が無くなる位に疲れることもあったそうです。
現在は、音声認識により既に文字化しているものを再度編集するだけで良いので、肉体的にも精神的にも負荷が軽く、そのまま原稿執筆に取り掛かれるようになったそうです。

イシン株式会社の詳しい導入事例はこちら

4. クラウド型文字起こしサービス「ProVoXT(プロボクスト)」

ProVoXT(プロボクスト)は、自治体から企業まで幅広い業種でご活用いただけるクラウド型音声ファイル文字起こしサービスです。
音声ファイルをクラウドにアップロードして音声認識処理を行い、テキストを自動作成するため聞き取り・書き取りで行うよりも素早く効率的に文字起こしを行えます。使い方は非常にシンプルで、インターネットに接続できれば、どこでも簡単にAI音声認識による文字起こしがご利用いただけます。
iOSアプリもご用意しており、iOS端末で録音・アップロード・音声認識結果の確認が可能です。

文字起こしサービス「ProVoXT」について詳しくみる

5. まとめ

迅速かつ正確な情報の提供は読者や視聴者の満足度を高め、競争力を強化する重要な要素となります。これからの時代において、新聞社や通信社、出版社は音声認識技術の活用を積極的に検討し、効果的な情報処理と制作プロセスの改善を進めることが求められます。

関連記事Related Articles

テープリライターの仕事

「職業としてのテープ起こし」仕事内容と収入は?

「テープ起こし」は会議や講演などの内容を聞き、文字に書き起こす仕事であることをご存知の方も多いと思います。しかし、詳しい仕事内容に関しては知...

お役立ち
企業取材のコツ

取材ライター向け企業取材のコツ!取材メモと録音をうまく使う方法

取材記事の良し悪しは、インタビューのやり方で決まります。事前準備をしっかり整え、取材メモやICレコーダーなどの道具をフル活用し、対象者の言葉...

お役立ち

もはや常識?WEB会議でのマイクの重要性と比較検証

WEB会議での雑音について コロナ禍を経てスタンダードな会議形式となったWEB会議。 WEB会議参加している中で、大きく差が出てくるのは「利...

お役立ち