Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 20
            [name] => 議事録・書き起こし
            [slug] => minutes-2
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 20
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 01_00
            [parent] => 0
            [count] => 18
            [filter] => raw
        )

)

議事録・書き起こし

湘南信用金庫様

理事会・ALM管理委員会・小委員会の議事録作成に音声認識を活用 職員労力・人件費を大幅削減
テーマ 議事録作成・書き起こし
サービス AmiVoice MinutesWriter
業種 金融

議事録の用途

記録が無ければ、誰もが記憶の中にそれを留めておくのは難しい為、必ず記録をとり、その記録を元にいろいろな施策を会議の決定に従って、執行していくという事になります。
その為、誰が発案して、どこで協議されて、どのような形で決定したのかというプロセスというのは大変重要です。議事録がある事によって、私ども金融機関も、金融庁の検査を受けたり、日本銀行の考査を受けたりという事の中で、会議がきちんとそのような形で、理事会規定・規則や法令に従って、しっかりとした決定機関を通って、議事、決議がとられているかというのは、非常に重要になります。

導入前の課題

総代会、理事会につきましては、私どもスタッフは3人でやっていましたが、その議事録を作るのに1時間の会議でしたら、5倍~7倍かかっていました。
テープレコーダーを使う為、停止、巻戻、停止、巻戻。テープ1本聞くのに、1人しかテープ起こしができませんから、これが最高に、ストレスとなっていました。その為には、短いテープを用意して、こまめに変える必要があり、議事録作成に今まで相当なマンパワーを使っていました。

導入の効果

作業時間は格段に軽減されています。例えば2時間の会議で議事録作成に10時間かかっていたものが6時間程度で作成できるようになっています。今後、チューニングにより認識の精度が更に向上し、編集作業に慣れてくれば、作業時間は更に短縮できると考えています。
また、部署によっては、一字一句議事録に残さなければいけない場合にはシステムを活用し、会議概要を留めるだけの議事録作成でよい場合等はメモ書きから文書を起こし議事録を作成し、システムでの録音は参考としていたり、システムをうまく使い分けています。

運用イメージ

製品へのお問合せ・製品情報について