AmiVoice® MinutesWriter(スタンドアローン型文字起こしシステム)

会議特有の言い回しに特化した
音声認識エンジンで全文テキスト化
正確でスピーディな議事録作成が可能です
独自開発の音声認識技術AmiVoiceにより、会議・講演会・インタビュー等の発言を自動でテキスト化。ディープラーニング技術の実装により、高い認識率を誇ります。面倒な業務を機械に任せることで議事録作成・文字起こし業務の負担軽減、コスト削減、スピードアップを実現します。
特長①

豊富な導入実績と確かなノウハウ

音声認識市場シェアNo.1を誇る豊富な実績と確かなノウハウを生かし、導入から運用まで、お客様に寄り添ってサポートをいたします。
特長②

高い認識精度を実現する辞書

音声認識エンジンをお客様専用にカスタマイズ。または専門分野の音声認識エンジンを提供。導入当初から高精度な認識処理が可能です。
特長③

発話内容を耳で聞きながら認識結果を編集

編集ソフト「AmiVoice Rewriter」で音声を聞きながら編集ができるため、効率よく音声認識誤りの修正が可能です。
特長④

幅広い文字起こし業務に活用可能

音声からテキストを起こす作業であればどのような業務にも対応できます。経営会議・取締役会、決算説明会や株主総会の議事録作成、講義・講演、セミナー・インタビュー・打ち合わせ・WEB会議・電話会議、更にはビデオ字幕の制作など、幅広い分野での活用が可能です。

議事録作成の流れ

編集ソフト「AmiVoice Rewriter」

音声と音声認識結果を連動させることで音声を聞きながら、文字編集を効率的に行う事ができるアプリケーション。

 

導入のメリット

議事録作成の時間を大幅に短縮
会議の最中に発言内容をリアルタイムにテキスト化できる為、人の手による従来の議事録作成と比較して、大幅な時間短縮が可能です。
担当者の負担を軽減。本来業務に時間を有効活用
これまで音声を何度も聞きながら議事録を作成していた担当者の心理的・時間的負担を軽減し、本来注力すべき業務に時間を割く事ができます。
迅速な情報共有を実現
即時に関係者への情報共有・公開が求められる、会議録・記者開顕録の作成スピードを向上させます。

各ソフトウェアの紹介

音声認識ソフト「AmiVoice Recorder」

音声を録音・認識するアプリケーションです。
発言内容をほぼリアルタイムでテキスト化。主要な音声ファイル(WAV、WMA、WMV、MP3、M4A、MP4)に対応し、録音済みの音声ファイルをテキスト化することも可能です。また、声紋情報を用いて、発言者の名前も自動表示。誰が発言したかも分かります。

編集ソフト「AmiVoice Rewriter」

音声データを聞きながら、音声認識結果を編集できるアプリケーションです。
複数のPCにインストール可能(全庁利用可)で、Word、Excel、一太郎など、お客様の指定のファイル形式に簡単に書き出せます。

データ管理ソフト「AmiVoice ControlManager」

会議中に、リアルタイムに議事録を作成する為のアプリケーションです。
音声認識中のデータを、複数人で同時に編集でき、いっそうの作業の短縮、効率化をはかれます。

※オプション

柔軟なシステムで、用途や目的に合わせて導入いただけます

  AmiVoice
Recorder
AmiVoice
Rewriter
AmiVoice
ControlManager
システムの概要
スタンダードタイプ
(会議後編集)
会議終了後に、議事録を作成するためのシステム。編集ソフトのインストールに台数制限はないですが、同時起動できるのはライセンス数以内に制限されます。
リアルタイム編集タイプ 会議中に、リアルタイムで複数人同時に議事録を作成するためのシステム構成(音声ファイルからの認識も可能)。
編集ソフトは、同時に編集する人数分のライセンスが必要です。

※ 音声認識システムを稼働させる為にはマイクが必要となります。
※ 導入設置費用は別途発生いたします。
※別途保守契約が必要になります。
※検証希望等の場合は有償にて承ります。

関連する導入事例はこちら

関連する製品情報はこちら

製品に関するお問い合わせについて