Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 20
            [name] => 議事録・書き起こし
            [slug] => minutes-2
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 20
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 01_00
            [parent] => 0
            [count] => 50
            [filter] => raw
        )

)

議事録・書き起こし

愛知県 春日井市役所様

PDFで見る
議事録作成時間が約50%減
スタンドアローン型とクラウド型の
2製品をシーンに応じて使い分け
テーマ 議事録作成・書き起こし
業種 公共・自治体
規模 1001名以上
サービス AmiVoice ScribeAssist
ProVoXT(プロボクスト)/ProVoXT for LGWAN(プロボクスト フォー エルジーワン)
効果 業務効率化 ,業務の平準化 ,省人化

議事録作成に会議時間の4倍以上かかっていた

導入前は、会議中に職員がメモを取ったり、ICレコーダーで録音したデータを会議終了後に文字起こししたりして議事録を作成していました。年間100回以上の会議で議事録を作成していましたが、会議時間の4倍以上の時間を要していました。そのため、担当者の負担が大きく、効率化を検討していました。

ライセンス数に制限がなく、全庁で利用できる

議事録作成の効率化のために他自治体の導入事例を調べた結果、「ProVoXT」の存在を知りました。「ProVoXT」はライセンス数に制限がないため、全庁で使える点が運用にマッチしていました。また、音声認識辞書が会議・議会・医療など豊富で、音声認識精度が高い点を評価して2020年に導入を決定しました。

議事録作成時間が半減

導入後、会議後の文字起こしが不要になり、議事録作成にかかる時間が約50%削減されました。また、会議中にメモを取る必要がなくなり、会議に専念できるようになりました。全庁的に利用しており、毎週の幹部層の会議でも活用しています。

利用シーンに応じて2製品を使い分け

2023年には、リアルタイム認識によるさらなる効率化のために、「AmiVoice ScribeAssist」を「ProVoXT」とのセットプランで導入しました。「AmiVoice ScribeAssist」は医療辞書が豊富で、医療機関関係者が参加する会議でも精度の高い文字起こしができています。利用状況や利用シーンに応じて2製品を使い分けられるのもメリットだと感じています。

製品へのお問い合わせ・製品情報について