Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 59
            [name] => AmiVoice® Ex7 Clinic/HospitalClinet
            [slug] => amivoice-ex7-clinichospital-clinet
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 63
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 02_01
            [parent] => 58
            [count] => 6
            [filter] => raw
        )

    [1] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 58
            [name] => 医療
            [slug] => cs_medical
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 62
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 02_00
            [parent] => 0
            [count] => 15
            [filter] => raw
        )

)

医療

医療法人にじの会 高原内科循環器科医院様

病名・症状の入力に、漢方の薬剤名もOK。単語登録も可能で訂正も簡単。
テーマ 電子カルテ
サービス AmiVoice Ex7 Clinic/HospitalClinet
業種 内科、循環器科
導入の効果
キーボード入力よりもはるかに早く入力することができ、カルテへの記載内容が大幅にアップ。
導入決定のポイント
診療しながら電子カルテの入力ができる。
導入前の課題
キーボード入力が不慣れで、診察しながらのカルテ入力ができなかった。

電子カルテの入力や、紹介状作成など日常診療をAmiVoice®で

院長 高原 晶 先生

AmiVoice Ex Clinic の導入で電子カルテへ完全移行できました。電子カルテの入力や、紹介状作成など日常診療はAmiVoice なしでは不可能です。

苦手なキーボード入力が電子カルテの入力の妨げに

電子カルテ、ダイナミクスを購入していましたが、キーボード入力が下手で診療しながらカルテの入力ができない状態でした。ダイナミクスの研究会(大阪例会)でAmiVoice の紹介があり、これで電子カルテが入力できると思いすぐ購入しました。練習に少し時間を要しましたが、2008年からAmiVoice の導入で電子カルテへ完全移行できました。

漢方の薬剤など単語登録も可能。キーボードはほぼ片手一本でミスなく簡単に。

電子カルテの入力、紹介状作成など日常診療はAmiVoice なしでは不可能です。
医学用語は勿論、漢方の薬剤名も入力が出来、単語登録も可能なので、ミスの訂正が早くできます。患者様も、はじめは戸惑っていらっしゃいましたが、今は「高原内科は音声入力」と認知されるようになりました。「期外収縮」は字のごとく期待はずれなところで、「心臓の拍動がでる」など、患者様の言葉を反復して記載しています。医学単語も画面に出るので患者様も納得されています。

マイクは旧LFH5276を使用していますが、マウスやファンクションキーがとても便利です。入力はほとんど左手一本で行っており、キーボードの使用は変換がうまくなかったときや、固有名詞の入力などに右手で使用するのみです。当院ではキーボードと併用して看護婦もAmiVoice を使用しています。

キーボード入力よりもはるかに早い入力により患者様の診察も早く

キーボード入力よりもはるかに早く入力することができます。入力と共に、患者様の回転(診察)が早くなりました。一般内科で午前中40~50人がなんとか診察できます。反面、音声入力のため、患者様ご本人の前では入力できないことがあります。初診の患者様には音声入力であることの説明が必要です。

今後、製品に期待する機能

音声認識の開始時と最後の音を認識できないことがあります。また、一部の数字が入りにくいことがありますので、新しいバージョンでは、改善されていることを期待しています。

お客様プロフィール

医療法人にじの会 高原内科循環器科医院

院長  :高原 晶先生
所在地 :長崎県諫早市
診療科 :内科、循環器科
導入時期:2008年1月

製品へのお問合せ・製品情報について