TOP ニュース

ニュースリリース

電話音声に特化した、電話用音声認識エンジンを

AmiVoice® Cloud WebAPIにて提供開始

留守番電話が文字で届く、日本初のクラウド型留守番電話サービスに導入

2014/12/11
ニュースリリース

 株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、電話音声に特化した電話用音声認識エンジンをAmiVoice Cloud WebAPIにて、提供開始いたしました。導入第一弾として、留守番電話が文字で届く、日本初のクラウド型留守番電話サービス「TRANSREC(トランスレック)」に提供いたしました。TRANSREC : http://www.transrec.net/

 近年、LTEによる高速なデータ通信や、音声通話サービス「VoLTE」の開始など、音声通話の高品質化が進んでおり、より明瞭な音声データを通信出来る環境に近づきつつあります。そのような中、アドバンスト・メディアでは、電話回線を利用した音声認識の需要増大を見込み、電話音声に特化した電話用音声認識エンジンの提供をAmiVoice Cloud WebAPIにて開始いたしました。電話の独自ノイズや周辺雑音に対応した音響チューニングを施すことにより、高い認識率を誇ります。また、音声認識機能を他システムへ容易に組み込むことが可能なため、幅広いサービスにご活用頂くことが出来ます。今後、通信キャリアや仮想移動体通信事業者(MVNO)の他、電話回線を利用したサービス事業者への導入を目指します。

【留守番電話サービス「TRANSREC」概要】
 グローバル・インターネット・ジャパン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:高橋 克己)と
研究開発を行い、株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが提供する、クラウド電話 API「twilio」(http://twilio.kddi-web.com/)を活用した、留守番電話サービス「TRANSREC」に電話用音声認識エンジンが導入されました。
 「TRANSREC」は、留守番電話に吹き込んだメッセージが、サーバー上で文字化され、通知メールとして送信される、日本初の留守番電話サービスです。これまでの留守番電話サービスは、保存されたメッセージを確認するために、サービスセンターに連絡をし、音声ファイルを再生とファイルの削除・保管のボタン操作が必要でした。TRANSRECは、テキストで留守番メッセージを確認する事が出来るため、電車内や会議中など、電話を掛ける事が出来ない場所でも、素早くメッセージ内容を把握する事が出来ます。また、テキストと共に音声ファイルも添付されるため、データセンターに連絡する事なく操作を完結する事が出来ます。

本件のお問い合わせ

経営管理部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032

クラウド事業部 西岡
TEL:03-5958-1522
FAX:03-5958-1033