TOP ニュース

ニュースリリース

医療向け音声入力システム「AmiVoice® Ex」シリーズがバージョンアップ

進化する音声入力システムで業務効率化を

2008/11/05
ニュースリリース

  株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:長谷川 一行)は、話すだけで電子カルテや読影レポートを入力できる医療向け音声入力システム「AmiVoice® Ex」シリーズをさらに使いやすくした「AmiVoice® Ex」Ver. 6.70を、2008年11月より発売いたします。

  「AmiVoice® Ex」シリーズは、2008年9月末において全国2,700箇所以上の医療施設にて導入され、2004年の発売以来、医療現場で「認識率が高い」「使いやすい」「効率的」という高い評価を受けています。

  今回のバージョンアップでは、当製品のユーザからの要望を反映し、以下の改善をおこない、より一層のユーザビリティーの向上を実現しました。

■ 専用ハンドマイクの機能追加
マイクボタンの機能増加、キーボードショートカットの種類追加、直接入力モードのハンドマイクの機能改善を行い、操作性がより一層向上いたしました。

■ 登録単語、登録された音声データなどの一括インポート・エクスポート
従来の登録単語とテンプレートのインポート・エクスポート機能に加え、音響学習効果、候補学習効果、設定内容の一括インポート・エクスポートが可能になりました。
ユーザデータのバックアップや、別の端末への移行がより簡単になります。

■ 医療辞書の充実
新薬追加、不要単語見直し、削除などにより、医療辞書のアップデートを行い、認識精度の向上を実現しました。

■ その他、基本性能の見直し
録音ボタンを押す際のレスポンス向上など機能性をアップすることにより、作業効率を向上しました。

  「AmiVoice® Ex」シリーズは、電子カルテなどの療法・処置などの所見入力、診断書作成、他院への紹介状作成に利用でき、各現場で多用される処置名・薬品名・病名・症状などの専門用語を搭載し、高い認識精度を実現しております。
  また、当製品は、煩わしいキーボード入力の負担と時間を削減し、忙しい医療現場の業務効率化を図ることが出来ます。その結果、患者とのコミュニケーションやサービスの向上にも貢献します。
   当製品は、従来の市販音声認識ソフトとは異なり、事前の声の登録が一切不要(不特定話者対応)で、アクセントや話すスピードにも柔軟に対応します。また、専用のハンドマイクで簡単に入力・修正ができ、使えば使うほど認識率が高くなる自動学習機能も搭載しております。電子カルテだけでなく、各種アプリケーションにおいても音声入力が可能です。

  アドバンスト・メディアは、「AmiVoice® Ex」を全国の医療機関に向けて発売し、今後3年間で2,000施設以上の導入を目標としております。当社は、今後もAmiVoice®を活用した音声認識ソリューションを提案し、幅広い医療現場において、ユーザビリティーの向上に寄与し、さらなる音声入力普及を推進します。
以上

注. AmiVoice® Ex 6.0以降をご購入の方は、保守期間内であればサポート用Webページからアップグレード版を無料でダウンロードできます。また、保守サービスを締結していただくことで、医療辞書の改訂などのサービスを受けていただくことが出来ます。

<製品概要>
AmiVoice® Ex」シリーズ
同梱物 :インストールCD・USBハンドマイク・マニュアル(スタンドアロン)
価格 : 各パッケージによる
販売方法 : オンラインショップ、代理店販売

AmiVoice® Exシリーズの特徴】
*従来の市販製品と違い、事前の声の登録が一切不要(不特定話者対応)
*各分野医療用語や薬品名、病名、処置名等を標準搭載
*使うほど賢くなる自動学習機能付き
*アクセントや話すスピードに柔軟に対応
*専用ハンドマイクで簡単に入力、修正
*電子カルテや各種アプリケーションに対応
*ユーザ辞書、学習効果の一元管理機能 (クライアントサーバ版)

                      
【報道関係】
経営企画部 広報チーム
TEL:03-5949-2007
FAX:03-5958-1032
E-mail:press@advanced-media.co.jp

【お客様】
プロダクト事業部  
TEL:03-5958-1045
FAX:03-5958-1033
E-mail:info@advanced-media.co.jp

【Copyright・商標】
Copyright 2008 Advanced Media,Inc.
AmiVoice®およびロゴマークは、アドバンスト・メディアの登録商標です。
記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。