ニュースリリース

ゼテックスのコインパーキング管理業務に
AmiVoice® Keyboard for Androidが採用されました

AI音声認識で話すだけで効率的に報告書作成

2019/04/08
ニュースリリース

 株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)の音声入力キーボードアプリ「AmiVoice Keyboard for Android(アミボイス キーボード フォー アンドロイド)」が、株式会社ゼテックス (本社:東京都北区、代表取締役:宮本猛 以下、ゼテックス)のコインパーキング管理業務に採用されました。

 

【背景】
 ゼテックスは、全国22,000カ所以上のコインパーキングの工事・管理や精算機の選定などの総合管理業務を行っています。24時間365日対応で、コインパーキング開設から管理まで幅広い業務を行っており、国内シェアNo.1を誇ります。
 これまで、現地で業務を行った後、帰社後に事務所の机で報告書の作成を行っていたため、勤務時間が延びる傾向があり、残業増加の要因になっていました。この度、報告業務の時間削減を目的にコインパーキング管理業務に「AmiVoice Keyboard for Android」をご採用頂きました。

【AmiVoice Keyboard for Android、概要】
 

 現地での作業終了時に対応内容を、スマートフォンから音声認識を使い、社内の運行管理システムに入力します。「AmiVoice Keyboard for Android」は、既存のAndroid端末のキーボード文字入力ソフトと同様、テキストフィールドにそのまま文章入力が行えるため、特別な開発が必要なく、既存のシステムと簡単に連携ができます。また、話すだけで入力ができるため、スマートフォンの操作が苦手な方でも、時間をかけずに簡単に報告書作成が行えます。
 現地で作業内容の記入ができるため、導入後は社内に戻った後に報告書の内容を確認するだけで業務が完了し、業務効率化と人件費・残業時間の削減に繋がりました。

 

【導入事例動画】

 アドバンスト・メディアでは、今後も業務効率化に貢献するソリューションや顧客サービスの提供に力を入れてまいります。

【AmiVoice Keyboard for Android】
 Android端末のキーボード文字入力ソフトの機能を拡張し、さまざまなAndroid OSアプリに対して、音声入力を可能にするアプリケーションです。日常会話で用いられる標準的・汎用的な用語や言い回しを搭載した「大語彙辞書」の他に、医薬品メーカー向け、金融機関向けなど、各分野に特化した辞書や、企業ごとのカスタマイズも可能です。報告内容の即時共有が可能となるだけでなく、効率化にともない、報告内容の質と量の向上にも繋がります。
https://www.advanced-media.co.jp/products/service/amivoice-keyboard-for-android-2

以上

本件のお問い合わせ

経営管理本部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032

STF事業部
TEL:03-5958-1522
FAX:03-5958-1033