Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 63
            [name] => AmiVoice® Ex7 Orthopaedic
            [slug] => amivoice-ex7-orthopaedic
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 67
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 02_04
            [parent] => 58
            [count] => 2
            [filter] => raw
        )

    [1] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 58
            [name] => 医療
            [slug] => cs_medical
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 62
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 02_00
            [parent] => 0
            [count] => 15
            [filter] => raw
        )

)

医療

医療法人社団翔永会 山田整形外科様

電子カルテへの記載も楽々、キーボード入力の煩わしさもなく業務効率化に。
テーマ 電子カルテ
サービス AmiVoice Ex7 Orthopaedic
業種 整形外科、スポーツ整形外科、リハビリテーション科、内科、皮膚科
導入の効果
カルテ入力時間が大幅に短縮した事で、患者様と向き合う時間が大幅に増加。以前より詳細に記載可能に。
導入決定のポイント
作業効率が大幅にUP。
導入前の課題
電子カルテの記載内容を充実させる為の入力作業が負担になっていた。

診察内容のカルテ入力時間が大幅に短縮

院長 山田 敏幸 先生

診療内容のカルテ入力時間が大幅に短縮されたため患者様に向き合う時間が大幅に増えました。
今では無くてはならないAmiVoice です。

紙カルテと比較して入力時間がかかっていた電子カルテの入力

電子カルテを導入した際に紙カルテの時と比較してカルテの記載に時間がかかってしまい大変な思いをしておりました。
整形外科は短い時間に多くの患者様を診察しなくてはなりませんが、カルテの記載も出来るだけしっかりとしたかったため藁をもすがる思いでマスコミ等で聞いていたAmiVoice に飛びつきました。

マイクを片手に患者様の症状をそのまま話して入力。学習機能もあるため作業効率が大幅アップ

診察中、問診をしながらマイクを片手に持って患者様の訴える事をそのままオオム返しにしゃべりながら入力をしています。
入力変換に学習機能があるので使っているうちにスムースに変換できるようになります。時々誤変換してしまう事が気になりますが、紹介状や診断書など発行前に読み返すものはすぐに気がつくので全く問題はなく、作業効率が大幅にアップしました。

入力時間が大幅に短縮されたため患者様と向き合う時間が増えた

私は、ブラインドタッチ入力ができないので指一本でキーボードをたたきながら診察をしていると、患者様もスムースに会話ができないため気にされ「先生キーボードの練習をしなくちゃ」とからかわれたりしていました。今では「音声入力なんてすごいですね」と覗き込んで関心をしめされる事もあり話題になります。必須である診療内容のカルテ入力時間が大幅に短縮されたため患者様に向き合う時間が大幅に増えました。今では無くてはならないAmiVoice です。

今後、製品に期待する機能

患者様に向き合いながら話すので聞かれたくない内容は小声で音声を入力しています。こもった声や噛んでしまった時の補正機能やマイクの感度UPを希望します。
ハンズフリーの入力を希望しますが、診察室間を移動しながら診察をするためヘッドホン型マイクの使用ができません。便利なマイクの開発を希望します。市町村や基幹病院名は標準で登録をしていただけると助かります。

お客様プロフィール

医療法人社団翔永会 山田整形外科

院長  :山田 敏幸先生
所在地 :東京都品川区
診療科 :整形外科、スポーツ整形外科、リハビリテーション科、内科、皮膚科
URL  :http://www.yamadaseikeigeka.com/index.html
導入時期:2009年2月

製品へのお問合せ・製品情報について