Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 59
            [name] => AmiVoice® Ex7 Clinic/HospitalClinet
            [slug] => amivoice-ex7-clinichospital-clinet
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 63
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 02_01
            [parent] => 58
            [count] => 6
            [filter] => raw
        )

    [1] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 58
            [name] => 医療
            [slug] => cs_medical
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 62
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 02_00
            [parent] => 0
            [count] => 15
            [filter] => raw
        )

)

医療

医療法人社団エムエスシー 星川内科外科クリニック様

患者様の目の前で紹介状を作成し、その場でお渡しが可能に。
テーマ 電子カルテ
サービス AmiVoice Ex7 Clinic/HospitalClinet
業種 内科、外科、消化器科、循環器科
導入の効果
診断しながら紹介状を作成し即発行。正確で詳しい内容を入力でき、キーボードに比べて3~4倍の早さに。
導入決定のポイント
薬品名や医療専門用語をマイクに話すだけでスムーズに入るところ。
導入前の課題
紹介状をお渡しする場合は、後日取りにきてもらう必要があり、診察後に診断内容を思い出しながら紹介状を正確に書くことが困難だった。

副院長の大畠先生にお話しを伺いました

星川内科外科クリニック様では、紹介状作成のために2006年10月にAmiVoice Ex を導入。
音声入力を採用し、業務はどのように変化したのか副院長の大畠先生にお話しを伺いました。

以前は記憶を頼りに紹介状を作成

紹介状を作成する場合、診察を終えてからその内容を思い出しながら記録していたという大畠先生。診察時の記憶をたどって作成することが困難なうえ、患者様は後日紹介状をクリニックまで取りに来る手間が発生していました。

医療専門用語の変換がスムーズになったことが一番の魅力

副院長 大畠 敏保 先生

キーボード入力とのスピード比較に関しては「比べものにならないスピードです、3~4倍のスピードで入力できるようになった。」とのこと。また、実際に使った印象をこう語ります。「一番良いと思うのは薬品名や医療専門用語をマイクに話すだけでスムーズに入るところです。専門用語をキーボードで入力するのは、正しく変換するのに非常に手間がかかるので、それがクリアできただけでも大きな効果だと思っています。しかも紹介状を書くのが楽しくなりました。」

アドバンスト・メディアからひとこと

大畠先生からは、固有名詞を入力しやすくしたいというご要望も伺うことができました。
私たちは新たな課題として取り組みより精度の高いシステムを提供していきます。

お客様プロフィール

医療法人社団エムエスシー 星川内科外科クリニック

副院長 :大畠 敏保先生
所在地 :神奈川県横浜市
診療科 :内科・外科・消化器科・循環器科
導入時期:2006年10月

製品へのお問合せ・製品情報について