Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 20
            [name] => 議事録・書き起こし
            [slug] => minutes-2
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 20
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 01_00
            [parent] => 0
            [count] => 51
            [filter] => raw
        )

)

議事録・書き起こし

株式会社アデランス様

PDFで見る
Web会議での使いやすさが決め手
経営会議から面談・打合せまで
幅広いシーンで自動文字起こし
テーマ 議事録作成・書き起こし
業種 その他
規模 1001名以上
サービス AmiVoice ScribeAssist
効果 リモートワークでの活用 ,業務効率化

正確性が求められる経営会議の議事録作成が業務負荷に

アデランスの経営企画部では、経営執行会議などの重要会議の議事録作成を定例業務として行っています。議題の性質上、正確な記録が求められるため、これまでは録音した音声を何度も聞き直しながら議事録を作成していました。
担当者の業務負担の肥大化や、議事録作成以外の業務に手が回らないことによる残業時間の増加を解消するため、AI音声認識の導入を検討することになりました。

Web会議での使いやすさ、認識精度の高さが決め手

導入にあたり複数の製品の比較・検討を行いました。Web会議システムとの併用のしやすさや文字起こし精度の高さ、スタンドアローン型であることを評価し、AmiVoiceを選定しました。

他社製品の場合、ZoomやTeamsなどのWeb会議の音声を文字化するには、Web会議システムとは別に参加者全員が文字起こしアプリのアカウントを取得・ログインする必要がありました。文字起こしのためだけに複数アプリを起動する負荷が大きく、外部担当者との会議の際にも使用しづらいと感じました。AmiVoiceは、議事録担当者のアカウントのみ用意すれば良いため、非常に魅力的でした。

また、さまざまな製品を試す中で、音声認識の精度が低すぎると、ゼロから人力で書き起こす以上の手間がかかってしまう場合があると分かりました。
AmiVoiceはもともとの認識精度が高いことに加え、単語登録機能で専門用語や社内用語も文字化でき、話者識別機能によって発言内容と発話者を紐づけて記録できるため、議事録作成作業の業務負荷軽減に最も効果的だと判断しました。

さらに、複数製品のトライアルを通して、クラウド型の製品は運用面での課題が多いと感じたため、スタンドアローン型であることも重要でした。

議事録完成にかかる時間を大幅短縮。面談記録にも活用

経営企画部が運営する、経営執行会議などの重要な社内会議でAmiVoiceを利用しています。また、対面での面談や打ち合わせなどの記録にも活用しています。
認識結果はリアルタイム修正が可能で、必要な部分の音声だけをピンポイントで聞き直せるため、議事録を完成させるまでの時間が大幅に短縮されました。また認識結果を見れば、面談や打ち合わせの大まかな内容をすぐに把握でき、必要に応じて詳細の気になる箇所だけを聞き直せる点も非常に便利だと感じています。
経営企画部での導入効果を聞いた他部署からも、ぜひ利用したいとの声が上がっており、AmiVoiceの更なる活用を検討していきたいです。

ご担当者様

 

 

経営企画部 大塚 様

製品へのお問い合わせ・製品情報について