Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 20
            [name] => 議事録・書き起こし
            [slug] => minutes-2
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 20
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 01_00
            [parent] => 0
            [count] => 29
            [filter] => raw
        )

)

議事録・書き起こし

公益社団法人日本超音波医学会様

専門用語を高精度でテキスト化
AI音声認識で理事会・委員会の
議事録作成を効率化
テーマ 議事録作成・書き起こし
サービス AmiVoice ScribeAssist
業種 公益・特殊・独立行政法人

議事録作成にかかる時間と担当者の業務負荷が課題

これまで会議の議事録作成は、録音した音声を聞き返して人力で作成していました。繰り返し音声を聞きながら一字一句漏らさず文字起こしをするため、議事録の完成まで非常に時間がかかり、担当者の負担にもなっていました。議事録作成の効率化を目的に、音声認識を活用したサービスの導入を検討しはじめました。

月額定額制と優れた操作性が導入の決め手

価格と使いやすさを特に魅力的に感じ、AmiVoiceを導入しました。月額定額制サービスのため、利用量が多い月でも、一定の金額で利用できる点を評価しています。操作も簡単で、誰でもすぐに利用できるサービスだと感じました。

学術用語も高精度でテキスト化。議事録作成の業務負荷を軽減

総務課が運営する理事会や、各種委員会の議事録作成にAmiVoiceを利用しています。AI音声認識で会議音声が自動的にテキスト化され、音声の聞き直しや認識結果の修正も手軽にできるため、業務負荷が大幅に軽減しました。
単語登録機能を活用することで、専門用語や学術用語、固有名詞も高精度でテキスト化できています。
また、AI話者識別機能で発言者と発言内容が併せて記録されるため、会議終了後でも誰が何を話したか把握しやすく、議事録の情報精度の向上に役立っています。

製品へのお問合せ・製品情報について