AmiVoice® SDK for iOS / Android / Windows

各種アプリケーションへ、
音声認識機能の組み込みを可能にします
・AmiVoice SDK for iOS(ローカル認識/サーバー認識)
・AmiVoice SDK for Android(ローカル認識/サーバー認識)
・AmiVoice SDK for Windows(ローカル認識)
これらは各種OSで動作するアプリケーションに対して、単語、コマンド、文章認識機能の組み込みが可能な開発キットです。音声認識専門企業としての豊富な経験と高度な実装ノウハウをベースに、お客様の開発をフルサポートします。
特長①

お客様のニーズに併せた組み込み対応が可能

単語入力や音声操作といったレベルのものから、文章入力・対話機能を含んだアプリケーション開発まで、必要となる機能を容易に組み込むことが可能です。

例:カーナビのコントロール、目的地や、長い住所の音声入力
各種スマートフォン向け販売アプリでの音声商品検索(単語入力)
営業日報アプリケーションへの音声による文章入力キャラクターとの対話アプリケーション
特長②

専門用語や特殊な用語の認識も可能

・「単語」「コマンド」を認識させたい場合:
 認識させたい「単語」「コマンド」をユーザー登録刷ることが可能です(ルールグラマ)

・「文章」を認識させたい場合:
 日常会話で用いられる標準的・汎用的な用語や言い回しを搭載した「大語彙辞書」の他に、
 医薬品メーカー向けや金融機関向けなど、分野に特化した辞書のご利用が可能です。
特長③

端末スペックや利用環境に応じた音声認識手法の選択が可能

・スマートフォンで「文章」を入力したい場合:
 端末への負荷が少ないサーバー利用タイプ(DSRタイプ)がオススメです
 ※「単語」や「コマンド入力」の併用も可能です。

・「単語入力」や「コマンド操作」をしたい。利用場所に「回線環境はない」場合:
 「単語」や「コマンド」の認識はスタンドアローン環境でも導入可能です。
 ※スタンドアローン環境での文章入力対応もご相談可能です。
 ご導入の可否は、入力したい内容に必要な辞書の語彙数に依存します。

AmiVoice® SDK for iOS / Android / Windowsの構成

Windows版はローカル認識でのご提供になります。

関連する製品情報はこちら

関連するソリューションはこちら

製品に関するお問い合わせについて