Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 20
            [name] => 議事録・書き起こし
            [slug] => minutes-2
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 20
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 06_00
            [parent] => 0
            [count] => 8
            [filter] => raw
        )

)

議事録・書き起こし

朝日放送株式会社様

インタビュー取材や記者会見など
即時性の高い映像音声を素早く文字化
テーマ 放送局向けの音声文字化システム
サービス 音声文字化システム
業種 放送
導入の効果
書き起こしの業務の効率が大幅にアップ
導入決定のポイント
ワンクリックで音声認識と編集が可能。多忙な記者にも最適。
導入前の課題
映像音声の書き起こしは負担が大きく、長時間労働の一因に

システム構成

放送局での編集業務効率化を目的として、ABC朝日放送と共同にて、音声認識技術AmiVoiceを活用した音声文字化システムを開発いたしました。

本システムは中継やインタビュー取材・記者会見など、即時性が求められるシーンに特化し、多忙な記者でも簡単に編集業務が行えるよう、ワンクリックで起動と音声認識が行えるリアルタイム性と操作性を兼ね備えています。

音声認識途中でも出力可能

収録した音声データは発話ごとに自動的に区切られ、認識結果にはタイムスタンプが付与されます。認識結果は、Microsoft Wordに出力することができ、音声認識を行っている最中でも書き出しが可能です。

また、各発話にチェックを入れることで、重要発言に背景色を入れて出力することができます。

4月より試験運用を開始

放送局では、オンエア素材の編集や共有化のために取材した映像音声の書き起こしを行っていますが、業務負担が大きく長時間労働の一因にもなっています。開発した新システムの導入により、従来の人手による書き起こしと比較して大幅な業務効率化が可能となりました。

今後は、試験運用を通じてシステムの改良を進め、更なる機能の改善を行っていきます。

「音声データの書き起こし」に関する製品へのお問合せ・製品情報について