Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 81
            [name] => 官公庁向けAmiVoice® 議事録作成支援システム
            [slug] => public-office
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 90
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 06_01
            [parent] => 20
            [count] => 5
            [filter] => raw
        )

    [1] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 20
            [name] => 議事録・書き起こし
            [slug] => minutes-2
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 20
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 06_00
            [parent] => 0
            [count] => 8
            [filter] => raw
        )

)

議事録・書き起こし

神奈川県 箱根町役場様

議事録作成を完全内製化することでコスト削減
テーマ 官公庁向けAmiVoice 議事録作成支援システム
サービス 官公庁向けAmiVoice 議事録作成支援システム
業種 公共自治体
導入の効果
業務負担半減、会議録委託経費削減
導入決定のポイント
認識精度、サポート体制、導入実績の数、議会議事録に対する理解などを評価
導入前の課題
委託経費の削減と各種委員会の反訳のスピードアップ

議事録作成支援システム導入のきっかけは?

本会議及び決算特別委員会は速記会社に反訳委託をしていましたが、その他の各種委員会については、担当書記がICレコーダで会議録を起こしていました。
ICレコーダでは音声が悪く、反訳には大変苦労をしていました。あわせて、議会基本条例の策定に関わる特別委員会や作業部会の開催にも迅速に対応する必要性に迫られていました。

システムを導入したことにより、どのような効果がありましたか?

AmiVoice Recorderにて音声認識

昨今の厳しい財政事情の中、本会議及び決算特別委員会の会議録調整に伴う委託経費の削減と各種委員会の反訳のスピードアップが課題でした。
当システムの導入により、委員会の会議録作成のスピードがほぼ2倍に高まりました。これはなんと言っても、議事録作成支援システムの操作性の高さに尽きると思います。それとあわせて導入した「ワイヤレスの赤外線会議システム」の音声認識率が高いことが挙げられます。さらに、校正支援ツールの機能も驚きです。これは、議事録作成支援システムで作成・編集したVtextファイルを該当箇所の音声を聞きながら、編集・校正してくれるものですが、このツールにより初稿段階での校正精度があるとともに、最終稿の完成が体裁も含め校正を迅速に行うことができるようになりました。当町ではインターネット上に公開された会議録情報を住民の方が閲覧しやすいよう「会議録検索システム」も導入していますが、そのまま校正支援ツールからアップできる点も大変重宝しています。

なぜ、弊社の音声認識技術AmiVoice® を選ばれたのですか?

他社も検討しましたが、認識精度、サポート体制、導入実績の数、議会議事録に対する理解など、全てにおいて株式会社アドバンスト・メディア社の製品が上回っていると評価したため、採用いたしました。

今後の活用方法の展望を教えてください。

導入初年度で、事務局のみの使用となっていますが、今後は、庁舎全体で使用し費用対策効果を出したいと思っています。

議事録作成支援システム運用事例

  • 議会事務局構成
    議会事務局議事係3名で会議録作成業務を実施
  • ライセンス構成
    AmiVoice Recorder(音声認識)1ライセンス
    AmiVoice Rewriter(編集)2ライセンス

利用形態

利用形態

  • 本会議・委員会同時開催がないため、AmiVoice Recorder 1ライセンスで運用可能。
  • 赤外線マイクを使用しているため、どの会議室で会議を開催してもOK。
    • ①スタンド型受光機を設置、②マイクを並べる、③ケーブルを接続、④電源をつける

使用委員会

本会議、決算特別委員会、総務企画観光常任委員会、教育福祉環境常任委員会、議会運営委員会、議会全員協議会

製品に関するお問合せ・製品情報について