Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 61
            [name] => AmiVoice® Ex7 Rehabili
            [slug] => amivoice-ex7-rehabili
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 65
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 02_07
            [parent] => 58
            [count] => 1
            [filter] => raw
        )

    [1] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 58
            [name] => 医療
            [slug] => cs_medical
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 62
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 02_00
            [parent] => 0
            [count] => 15
            [filter] => raw
        )

)

医療

飯塚病院様

付属のヘッドセットマイクで
ハンズフリーを実現。
テーマ プログレスノート
サービス AmiVoice Ex7 Rehabili
業種 リハビリテーション科
導入の効果
リハビリ関連専門用語も認識でき、入力業務は改善された。
導入決定のポイント
リハビリ関連専門用語を搭載した製品が開発されたため。
導入前の課題
経過記録書の入力を毎日遅くまで行っていた。

リハビリ訓練終了後の経過記録書の入力に毎日遅くまでかけていた

現在、当科では急性期入院中の一助となるよう、365日リハ提供を目指し、総勢92名(*)のスタッフで業務を行っています。多くのスタッフが、リハビリ訓練終了後に、経過記録書(プログレスノート)の入力を毎日遅くまで行っている状態です。何とか業務環境の改善と思い、試行錯誤している中、音声入力を紹介されました。
紹介された際は懐疑的でしたが、評価した瞬間に「これは使えるかも?」と直観しました。ただし、評価したのは、電子カルテ用音声入力ソフトであったため、私達が普段使用するリハビリ関連専門用語不足やハンドマイクの運用にも違和感を感じたのも事実でした。
後日、アドバンスト・メディア社よりリハビリ関連専門用語を搭載した商品開発協力依頼があり、私たちの力が同じような課題を抱えている多くのリハビリテーション領域の業務に役に立つことができればとの思いから、アドバンスト・メディア社と開発をともに行いました。

 

* リハビリテーション専門医1名、理学療法士(PT)59名、作業療法士(OT)18名、言語聴覚士(ST)8名、診療所・クラーク6名

「これだ!」という手ごたえと満足感

リハビリテーション科 部長 黒木 洋美 先生

徐々に良くなる「アミボイス」を実感しながら、完成版を評価した際には、まさしく「これだ!」という満足感がこみ上げてきました。今現在、入力業務も改善されました。

さらなる業務改善に向け得てスマートフォンやタブレットの活用にも挑戦

リアルタイム且つフリーハンド入力環境の実現とツールとしてスマートフォンやタブレットを活用した新しい形に挑戦していきます。さらなる業務改善に繋がることでしょう。

お客様プロフィール

飯塚病院

部長  :黒木 洋美先生
所在地 :福岡県飯塚市
診療科 :リハビリテーション科
URL  :http://aih-net.com/
導入時期:2012年3月

製品へのお問合せ・製品情報について