Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 59
            [name] => AmiVoice® Ex7 Clinic/HospitalClinet
            [slug] => amivoice-ex7-clinichospital-clinet
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 63
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 02_01
            [parent] => 58
            [count] => 6
            [filter] => raw
        )

    [1] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 58
            [name] => 医療
            [slug] => cs_medical
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 62
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 02_00
            [parent] => 0
            [count] => 15
            [filter] => raw
        )

)

医療

東京大学大学院医学系研究科・循環器内科様

ホルター心電図の結果報告書作成の作業効率を向上。
テーマ ホルタ―心電図結果報告書
サービス AmiVoice Ex7 Clinic/HospitalClinet
業種 循環器内科
導入の効果
報告書作成に要する時間が全体でキーボード入力時より14%短縮された。
導入決定のポイント
音声認識システムは、ホルタ―心電図の結果報告書を作成する際、作業効率を向上させ有用と考えられた。
導入前の課題
効率および疲労対策。

2010年7月10日 第30回 日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会(大阪・千里)で発表いただきました

東京大学大学院医学系研究科・循環器内科様には2009年12月よりAmiVoice Ex Clinic を導入いただいておりますが、2010年7月10日、第30回 日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会(大阪・千里)にて「ホルター心電図判読結果報告書作成における音声認識システムの有用性」を発表していただきました。

導入の効果

  • キーボードに比してスピーディな文字入力
  • VDT症候群(頚肩腕症候群)の予防
  • ハンドマイクにより長時間の作業も苦にならない

学会論文発表内容ファイル(PowerPoint)(1.82MB)
第26回心電情報処理ワークショップ 発表ファイル(2.93MB)

アドバンスト・メディアからひとこと

同施設様からは、専門・用途別に特化した音声認識辞書のご要望をいただいております。
お客様からのご要望を反映し、より精度の高いシステムを提供していきたいと考えております。

お客様プロフィール

東京大学大学院医学系研究科・循環器内科

杉山裕章 様

東京大学大学院医学系研究科・循環器内科
平成15年東京大学医学部卒業。
卒業後は同大学医学部附属病院、心臓血管研究所付属病院などに勤務。
日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定内科医

今井靖 様

東京大学大学院医学系研究科特任講師・トランスレーショナルリサーチセンター
平成6年東京大学医学部卒業。
同大学病院、榊原記念病院、三井記念病院などに勤務。平成13年同大学院終了(医学博士)
日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定内科専門医

著書

共著1
個人授業 心臓ペースメーカー 適応判断から手術・術後の管理まで(医学書院,2010年3月)

共著2
個人授業 心電図・不整脈 ホルター心電図でひもとく循環器診療(医学書院,2011年4月)

製品へのお問合せ・製品情報について