TOP ニュース

ニュースリリース

ボイス検査ソリューション
AmiVoice® スーパーインスペクター(建築仕上げ検査用)」が
髙松建設に採用されました

建築工事の仕上げ検査の作業時間を大幅削減。業務効率と品質管理向上に貢献

2017/02/15
ニュースリリース

 株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)の、音声認識を活用したボイス検査用ソリューション「AmiVoice スーパーインスペクター(建築仕上げ検査用)」が、髙松建設株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:西出 雅弘 以下、髙松建設)に採用されました。

 

 深刻な人手不足が問題となっている建設業界において、施工管理の効率化は恒久的な課題です。髙松建設では、ITを活用した業務効率化の施策の一つとして、タブレットを利用した業務改善を推進しています。今回、建築物の仕上げ検査の作業効率化と品質向上を目的に、音声認識を活用したボイス検査ソリューション「AmiVoice スーパーインスペクター(建築仕上げ検査用)」をご採用頂きました。

【導入の効果】
 これまで髙松建設では、仕上げ検査の指摘事項を手書きで作成していたため、項目の記入や施工業者ごとの作業指示書の作成、振り分け、連絡に膨大な時間と労力がかかっていました。
 「AmiVoice スーパーインスペクター(建築仕上げ検査用)」は話すだけで、簡単に指摘事項が入力できるため、大幅な時間の削減を実現いたします。また、音声認識による指摘事項のデータ化により、検査作業後に事務所で行う、施工業者別の帳票の作成や仕分け作業に要する時間を大幅に削減することが可能になりました。
 2016年8月から、大阪府内を中心とした新築マンションで導入を行っており、手書きで行っていた仕上げ検査と比べて、仕上げ検査全体で約50%の時間の削減に繋がりました。

【AmiVoice スーパーインスペクター(仕上げ検査用)の概要】
 音声認識を活用した、タブレット端末用の建築検査ソリューションです。アプリに読み込んだ図面から、点検・検査場所を選択し、部位や指摘事項を一気に話すだけで、簡単に検査記録が作成できます。テキストに加えて、タブレット端末カメラで写真撮影も行う事ができます。入力したデータは、クラウド上のサーバーで一元管理を行うため、会社全体での素早い情報管理・共有・作業が可能です。PCブラウザ上から、各検査情報のデータ検索・並び替え・pdf化ができ、住戸別や業者別に帳票をデータ出力することができます。迅速で正確な作業指示書の作成が可能になり、検査入力と事務作業の双方を大幅に効率化いたします。

【概要】
■公式HP: http://www.super-inspector.com/
■価格: 初期費用0円 / 月額使用料9,800円(税抜)
※月額費用に、ヘルプデスク対応、サーバー費用(容量100G/図面50,000枚)、専用ドメイン、SSL証明含む
■対応OS: iOSバージョン 8.0以降、Android™バージョン 5.0以降

以上

本件のお問い合わせ

経営管理部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032

ビジネス開発センター
TEL:06-7636-6277
FAX:06-7636-6271