TOP ニュース

ニュースリリース

工業用間接資材通信販売最大手 MonotaROにて
音声認識インカムサービス「AmiVoice® INCOM」の実証実験を実施

2017/01/16
ニュースリリース

 株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)の音声認識インカムサービス「AmiVoice INCOM」と、音声認識・音声対話専用のバッジ型ウェアラブルマイクデバイス「AmiVoice Front WT01」の実証実験を工業用間接資材通信販売最大手の株式会社MonotaRO(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木雅哉 以下、MonotaRO)の尼崎ディストリビューションセンターにて実施いたしました。

 

【背景】
 MonotaROは、切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品や工事用品、事務用品に至るまで、現場・工場で必要とされる間接資材を 1000万アイテム以上取り扱う工業用間接資材通信販売の最大手企業です。実証実験を行った尼崎ディストリビューションセンターは、地上4階建て、延床面積約4.4万平方メートル規模の物流拠点です。これまで、センター内の連絡手段として、特定小電力トランシーバー(インカム)を使用していましたが、フロアをまたいだ通信が繋がりにくい、音質が悪く聞き取りにくい、雷やトラックなどの電波障害で繋がらない等、情報共有に課題を抱えていました。

【今回の実証実験について】
 2016年9月から約1カ月、音声認識インカムサービス「AmiVoice INCOM」と音声認識・音声対話専用のバッジ型ウェアラブルマイクデバイス「AmiVoice Front WT01」とスマートデバイスを連携使用した実証実験を実施しました。
 「AmiVoice INCOM」は、インカム・トランシーバー・携帯電話・PHSなどの業務端末を1台のスマートデバイスに集約することができるクラウド型の通話サービスです。一斉同報のインカム通話を音声認識でテキスト化し、音声と共に通話・時間・発話者のテキスト情報を、各人の端末とPCブラウザで表示します。

利用イメージ
認識結果のイメージ

 IPネットワークに接続して音声通話を行うため、離れた場所でも音声の途切れや乱れがありません。「AmiVoice Front WT01」を使う事で、倉庫内の音が聞き取りにくいエリアであってもクリアな音声でやりとりすることができるようになりました。また、一斉同報は音声認識で文字化されるため、聞き逃したインカム通話の履歴をいつでもスマートデバイスから確認できるようになりました。これにより、現場間の連絡漏れが軽減し、業務がスムーズになったとご評価いただきました。

【今後】
 今回の実証実験の結果をもとに、今春より茨城県の笠間ディストリビューションセンターにて、「AmiVoice INCOM」と「AmiVoice Front WT01」の本格導入開始を予定しております。また、インカム利用に加え、今後1対1通話、グループ通話などでの利用も見込んでおり、更なる業務改善と活用に取り組む予定です。

AmiVoice Front WT01の仕様
■無線方式  Bluetooth Ver.4.0(HSP/HFP v1.6/A2DP/AVRCP)Class2
■マイク  2マイクアレイ
■スピーカー  0dB~-45dB(ステップ幅 2.5~3dB 16段階)
■ボタン  電源/ペアリングボタン、ミュートボタン、マルチファンクションボタン、スピーカーボリュームボタン
■ジャック1  Φ3.5mm 4極(イヤホン、ヘッドセットマイク用)
■ジャック2  MicroUSB (充電用)
■外形寸法(W×H×D)  38×100×19(25.7※クリップ含む)mm
■防水性  IPX4相当
■駆動時間 連続動作時間8時間以上、連続待機時間100時間以上
■充電時間  2~3時間
■重量  56g

以上

本件のお問い合わせ

経営管理部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032

クラウド事業部
TEL:03-5958-1522
FAX:03-5958-1033