TOP ニュース

ニュースリリース

アドバンスト・メディアとNDソフトウェアが業務提携
介護施設向け音声入力支援ソフトウェア「Voice fun(ボイスファン)」を発表

キーボード入力におけるストレスやコストの削減を目指す

2014/10/15
ニュースリリース

 株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸 以下、アドバンスト・メディア)は介護・福祉関連業務ソフトベンダーのエヌ・デーソフトウェア株式会社(本社:山形県南陽市和田、代表取締役社長:佐藤 廣志 以下、NDソフトウェア)と提携し、介護・福祉事業者向け音声入力支援ソフトウェア「Voice fun」(ボイスファン、以下「Voice fun」)を発表いたします。本ソフトウェアは、アドバンスト・メディアがシステム開発を行い、NDソフトウェアがオリジナルブランド「Voice fun」と称して販売を行います。

 日本国内では少子高齢化が急速に進み、介護・福祉施設等における人材不足が問題視されている中、介護業界においては書類作成にかかる時間が大変多いとの声を受け、本ソフトウェアを発表する事といたしました。音声入力支援システムVoice funは、声で入力する事により、書類作成にかかる時間の削減と課題の解決を行い、本来の介護サービスに専念頂ける商品となっております。
 アドバンスト・メディアでは、多忙な医療現場の業務効率化のため、10年以上に渡り音声認識を活用した医療向け音声入力システムの開発・販売に取り組んでまいりました。誰にでもすぐに使用でき、驚くほどスピーディーに、手軽に、そして正確に入力出来る事から、これまで4,700以上の医療施設にご採用を頂いております。
 この度、NDソフトウェアとの提携により、音声で文字入力が可能となるシステムの提案を進めることで、介護・福祉施設等の事業者様に更なる業務効率化の支援が行えると確信しております。

 今後も、アドバンスト・メディアでは、医療現場での作業負担軽減・業務効率化を目指し、音声認識を活用した新しいソリューションや顧客サービスの開発・提供に力を入れてまいります。

本件のお問い合わせ

経営管理部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032