TOP ニュース

ニュースリリース

アドバンスト・メディアとクオリカ、
富士フイルム株式会社のコールセンターに
日本初「話しことば要約システム」を導入!

音声認識技術AmiVoice®とテキストマイニングツールVextMinerを活用

2008/11/12
ニュースリリース

  株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:長谷川一行  以下、アドバンスト・メディア)とクオリカ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:西田光志、 以下、クオリカ)は、日本で初めて通話内容における不要語・不要センテンスを抽出、分析、削除する「話しことば要約システム」を開発しました。このシステムは2008年10月に富士フイルム株式会社「お客様コミュニケーションセンター」の応対内容分析システムに試験的に導入されました。

  昨今、コールセンターにおいて、リスク管理、コンプライアンス強化、応対品質の向上に対するニーズが顧客から多く寄せられるなか、音声認識技術を用いた通話内容のテキスト化に対する要望は、ますます高まっていました。

  そのような状況のなか、富士フイルム株式会社に、コールセンターにおいて、高い認識率を誇るアドバンスト・メディアの音声認識技術AmiVoice®とテキストマイニングをベースとしたクオリカの不要語分析・抽出技術が高い評価を頂き、富士フイルム株式会社の「お客様コミュニケーションセンター」に採用されました。
  従来、音声認識技術を用いての通話内容テキスト化は、分析に不要な「えーと」「そのー」「あの」などの言い淀み、分析に不要な不完全な発話などのセンテンス「毎度ありがとうございます」「わかりました」等もテキスト化していました。  当システムは、クオリカのテキストマイニングツールVextMinerを用いて、不要語・不要センテンスを分析、抽出し、独自のノウハウで削除し、必要な部分のみを残すシステムです。以前は、手作業により不要語・不要センテンスを分析・抽出していたので膨大な時間がかかっておりましたが、これにより、カスタマーとオペレータの会話やカスタマーの要望(VOC:Voice Of Customer)を的確に分析することが容易となりました。  

  アドバンスト・メディアとクオリカは、今回の納入を皮切りに、今後も「話しことば要約システム」を様々な業界へ普及・拡販を目指します。

  本システムは2008年11月13・14日に東京 池袋で開催されるCRMデモ&カンファレンス(URL:http://www.callcenter-japan.com/)にて展示いたします。
以上

【本件のお問い合わせ】

■株式会社アドバンスト・メディア
【報道関係】
経営企画部  広報チーム  
TEL:03-5949-2007
FAX:03-5958-1032
E-mail:press@advanced-media.co.jp

【お客様】
ソリューション事業部  森脇  健
TEL:03-5958-1091
FAX:03-5958-1033
E-mail:info@advanced-media.co.jp

■クオリカ株式会社
【報道関係】
経営企画部  広報担当  林  正雄  
TEL:03-5857-8122
FAX:03-5857-8128
E-mail:masao_hayashi@qualica.co.jp

【お客様】
システム本部営業部  秋山  健
TEL:03-5857-8155
FAX:03-55857-8148
E-mail:vextsearch@qualica.co.jp

【Copyright・商標】
Copyright 2008 Advanced Media,Inc.
AmiVoice®およびロゴマークは、アドバンスト・メディアの登録商標です。
記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。