TOP ニュース

ニュースリリース

iPhone 3GS向けスタンドアロン版「音声認識メール」新発売!

DSR版に加え、スタンドアロン版も新登場!

2010/01/22
ニュースリリース

  株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:長谷川一行 以下、アドバンスト・メディア)は、2010年1月22日(金)より、iPhoneに向かってしゃべるだけで、簡単にメールが作成できるiPhone 3GS向けのスタンドアロン版「音声認識メール」を、Apple, Inc.(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、CEO:Steve Jobs)の運営するiPhone・iPod touch向けアプリケーションのダウンロードサービスApp Storeにて、115円(税込み、月額利用料なし)で販売開始いたします。
配信URLはhttp://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=347250830&mt=8です。

  昨今、パソコンのような機能を備えた大画面の多機能携帯端末「スマートフォン」は好調な伸びを記録しております。業界団体のモバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)の予測では、スマートフォンの10年度国内出荷台数は08年度実績の約1.7倍の224万台、12年度に329万台まで増加すると言われております。
  なかでも、全世界で出荷台数5000万台を突破し加速度的に普及を続けるiPhone市場に対して、弊社では、iPhone3G、iPhone 3GS向けに、2009年7月より、携帯電話内で音声認識の前処理を行いサーバで音声認識を行うことで、声でメール作成ができるDSR*)版「音声認識メール」を有償にて配信しており、「認識率が高い」、「Twitterに最適」、「時短効果が抜群」と好評を得ております。

  iPhone3GSは従来の携帯端末に対して、許容アプリサイズの大きさ、使用可能メモリサイズ、高性能CPUなど、大きな機能強化が図られていますが、当社では、そのような動作環境を生かし、iPhone3GS向けに、新たに携帯端末単体で動作可能なスタンドアロン版「音声認識メール」をラインナップに加えました。
  スタンドアロン版「音声認識メール」では、DSR版「音声認識メール」の高度で高性能な音声認識技術・性能はそのままに、電波の通じないところでも通信環境を選ぶことなく、いつでもどこでも簡単にメール作成が可能です。

  アドバンスト・メディアは、今後は、一般コンシューマ並びに企業向けにDSR版・スタンドアロン版の「音声認識メール」の提供を行って参ります。当社は、今後も急速に「インターネット」化していくモバイル市場において、iPhone のみならず、Windows Mobile®などのスマートフォンや一般携帯にも、幅広く、スタンドアロン型「音声認識メール」の実装を推進し、音声認識技術を活用した「役に立つ」「便利」「ありがたい」サービスを提供してまいります。
以上

■ 関連URL
声! ! for iPhone
http://iphone.amivoice.com/iPhone/

*) DSR:分散型音声認識(Distributed Speech Recognition)
端末機器に音声認識の前処理機能を搭載し、サーバと分担して行う分散型音声認識です。端末機器内で、音声を音声認識処理に必要なデータ「特徴量データ」へ変換し、サーバに送り、音声認識の処理を行います。端末機器から送信される「特徴量データ」は音声データの1/30以下とデータ量が小さく、現在の携帯電話ネットワークでも、パケットの欠落がなく、かつユーザがストレスを感じることのない速度でサーバへ送信するので、小さなデバイスでありながらPC並みの高度で高精度の音声認識を行うことができます。

【本件のお問い合わせ】

【報道関係】
経営企画部 広報チーム
TEL:03-5949-2007
FAX:03-5958-1032
E-mail:press@advanced-media.co.jp

【お客様】
ソリューション事業部 営業グループ 金田 佳輝
TEL:03-5958-1091
FAX:03-5958-1033
E-mail:info@advanced-media.co.jp

【Copyright・商標】
Copyright 2010 Advanced Media,Inc.
AmiVoice®およびロゴマークは、アドバンスト・メディアの登録商標です。
記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。