TOP ニュース

ニュースリリース

~飯塚病院で初導入!音声認識技術により、業務環境を改善!~
リハビリテーション向け音声入力システム
AmiVoice® Ex7 Rehabili」、飯塚病院にて初導入及び本格運用開始!

2012/09/04
ニュースリリース

  飯塚病院(所在地:福岡県飯塚市、院長:田中二郎 以下、飯塚病院)は、株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)が2012年春より発売している、キーボードを使うことなく、パソコンにむかって話すだけで手軽に電子カルテや文書が作成できるリハビリテーション科専用の音声入力システム「AmiVoice® Ex7 Rehabili」を導入、2012年9月初旬より本格運用いたします。
  音声認識技術AmiVoice®を活用した当システムは、入力したい内容を話すだけで文書作成ができるため、リハビリテーション医療現場における入力業務を軽減いたします。

  昨今、交通事故などでの障がい者の増加や高齢化社会に伴い、リハビリテーションの重要性はますます高まってきています。需要増大の一方で専門医不足は深刻化しており、さらに理学療法士や作業療法士もまだまだ不足しているのが現状です。飯塚病院においても、365日リハビリテーション提供を目指し、リハビリテーション専門医1名、理学療法士59名、作業療法士18名、言語聴覚士8名、診療補助・クラーク6名の総勢92名の体制で業務を行っていますが、多くのスタッフがリハビリテーション訓練終了後に経過記録書(プログレスノート)の入力を毎日遅くまで行っている等、業務環境の改善が課題となっており、同病院における業務環境の改善の一環として、リハビリテーション現場における音声入力システム「AmiVoice® Ex7 Rehabili」を導入いたしました。

  「AmiVoice® Ex7」シリーズは、キーボード入力と比較し、入力作業が約半分(※アドバンスト・メディア調べ)になるため、忙しいリハビリテーション現場における入力業務環境の改善を実現いたします。「AmiVoice® Ex7 Rehabili」はリハビリテーションの現場で普段使用されている「非対称性緊張性頚反射(ATNR)」・「仙複合性局所疼痛症候群(CRPS)」・「横支靱帯」などの専門用語も標準搭載されています。

  飯塚病院リハビリテーション科部長 黒木洋美は「当院では、急性期入院中の一助となるよう、365日リハビリテーション提供を目指し、総勢92名の体制を整えております。それと同時に各スタッフの業務改善も並行して行わなければなりません。そのようななか、音声入力による入力業務の改善効果を知り、評価を行いました。その結果、十分に業務改善の一役を担うツールと判断し、導入に至りました。9月初旬の本格運用に向け、スタッフの期待感も高まっております。」と述べています。

  アドバンスト・メディアは、「AmiVoice® Ex7 Rehabili」を全国のリハビリテーション機関に向けて発売し、今後3年間で300施設以上の導入を目標としております。また、今後もAmiVoice®を活用した他診療科向けの辞書を構築し、幅広い医療現場での更なる音声入力の普及を目指します。

以上

【動作環境】
O S:Windows® 7 / Vista® / XP (Service Pack2 以上)各日本語版
※64bit 版Windows OS 環境では、WOW64 サブシステム(32bit エミュレーター)上で動作します。
CPU :1GHz 以上のプロセッサ
メモリ:512MB 以上(Windows® 7 / Vista® では1GB 以上)
HDD :150MB 以上の空き容量に加え、ユーザ1 人あたりに付き50MB 程度必要
USB :1 ポート以上の空き(ハンドマイク使用時)
CD-ROM ドライブ:インストール時に必要

【価格】
189,000円<年間保守は18,900円>(税込)

【本件のお問い合わせ】

【報道関係】
経営管理本部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032
E-mail:press@advanced-media.co.jp

【お客様】
営業本部 梶原
TEL:03-5958-1045
FAX:03-5958-1033
E-mail:info@advanced-media.co.jp