TOP ニュース

ニュースリリース

コールセンター向けクラウド型音声認識サービス開始!

中小規模コールセンターでも、初期費用を抑えて、安価かつ手軽に利用可能!

2012/11/08
ニュースリリース

  株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、2012年11月8日(木)より、コールセンター向けにクラウド型の音声認識サービスを開始いたします。
  当サービスは、アドバンスト・メディアの事業戦略の核として今後展開が計画されている様々なクラウドサービスの内、コールセンター分野における最初のサービスです。お客様の声を要約・分析し、経営に活用させることができる音声認識技術を活用した情報サービスを、従量制のクラウド型で提供することにより、初期費用を抑えて、手軽かつ安価に音声認識システムを利用することを可能にしました。
  2012年11月15日(木)~16日(金)に、サンシャインシティ・コンベンションセンターにて行われるコールセンター/CRM デモ&コンファレンス2012にてご紹介予定です。

  当社では、2003年より、コールセンター向け音声認識ソリューションの提供を開始し、2010年春より、音声統合ソリューション『AmiVoice® Communication Suite』を発売しておりますが、特に中小規模のコールセンターにおいては、必要な通話のみを文字化したいなどのニーズがあるもののコストの点から導入が難しいという課題がありました。
  このようなニーズを受け、当社はクラウド型音声認識サービスの提供を開始致します。これにより、音声認識システムを自社で導入することが不要になるため、安価かつ手軽に音声認識システムを利用することが出来るようになります。
  まずは、通話録音装置などで録音した音声ファイルをクラウド上のサーバーにアップロードし、音声認識したファイルをダウンロードできるサービスを開始します。その後、音声統合ソリューション『AmiVoice® Communication Suite』の機能をクラウド上で利用できる様、サービスを拡張してまいります。

■今回のクラウド型音声認識サービスについて
【サービス内容】
お客様側で録音した音声ファイルをサーバーへ暗号通信(HTTPS)でアップロードすると、自動的に音声認識処理が行われます。処理後、音声と文字がセットになった処理結果ファイルをダウンロードします。

【主な用途】
苦情通話等の書き起こし、オペレーター研修用、VOC通話の見える化、コンサルティング、マーケティング等の分析用途、全通話からの苦情抽出、VOCの見える化、アウトバウンド時のセールストークチェック、証券・保険業務の契約時のモニタリング効率化など。

※クラウドサーバ-には業界別の音声認識辞書が用意され、最も適切な音声認識辞書を選んで使う事ができます。
※当初用意される音声認識辞書は金融、通信、製薬、製造、汎用の5種類です。
※ユーザーが単語を登録できる機能もご提供いたします。

【利用料金】
60円/1分~(月々のご利用額が多い場合は別途定額のバリュープランをご提案いたします)

  アドバンスト・メディアはこれからも、業務がますます高度化・多様化していくコールセンター業界に対し、革新的商品の開発と顧客サービスを提供することで、お客様の声が価値となるサービスを展開してまいります。当サービスは、2012年11月15日(木)~16日(金)に、サンシャインシティ・コンベンションセンターにて行われるコールセンター/CRM デモ&コンファレンス2012にて出展予定です。

【本件のお問い合わせ】
■お客様
株式会社アドバンスト・メディア
CTI事業部
TEL:03-5958-1091
FAX:03-5958-1033
E-mail:ami-cti-info@advanced-media.co.jp

■報道関係
株式会社アドバンスト・メディア
経営管理部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032
E-mail:press@advanced-media.co.jp

【Copyright・商標】
Copyright 2012 Advanced Media,Inc.
AmiVoice®およびロゴマークは、アドバンスト・メディアの登録商標です。
記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

【システム構成イメージ】