TOP ニュース

ニュースリリース

音声認識技術AmiVoice®を活用した議事録作成支援システムの導入が全国に拡大
滋賀県東近江市役所への納入が決定!

納入実績が累計100件を突破

2013/12/05
ニュースリリース

  株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、音声認識技術AmiVoice®を活用し、会議での発言を自動的に文字変換することで議事録作成業務を効率化する議事録作成支援システムを滋賀県東近江市役所に納入致しました。2013年12月より本格稼働、運用開始を致します。

  昨今、議事録作成の業務効率化と経費削減は、各自治体の大きな課題の1つとなっており、その双方に効果的であるという点から、音声認識技術を活用した議事録作成支援システムのニーズが年々高まってきております。今年10月には、安倍晋三首相が閣議議事録作成義務化の法改正を国会に提出する考えを示しました。話した内容を正確に残す逐語※記録による行政の透明化は今後ますます加速すると思われ、議事録作成支援システムの更なる需要拡大が予想されます。
  滋賀県東近江市役所では、これまで委員会の内容を要約した議事録を作成していましたが、より正確・迅速に記録を残すため、アドバンスト・メディアの議事録作成支援システムを導入する事が決定致しました。会議とほぼ同時進行で議事録の作成を行うことが出来るため、従来2~3か月かかっていた作成期間を、1週間程度に縮められると見込んでおり、市民への情報公開のスピードアップが期待されます。

【運用フローイメージ】

  2004年6月の静岡県沼津市役所での本格運用以来、東京都議会や北海道議会、兵庫県県庁など、日本全国の自治体・各省庁・一般企業を含め、当システムの納入実績が累計100件を突破いたしました。2013年度に入り、2012年度の自治体導入実績16件を半年で達成するなど、急速に利用が拡大しております。これまでの豊富な実績に加え、当システムの費用対効果・簡易な操作性・万全なサポート体制などをご評価頂いたものと考えております。

  アドバンスト・メディアは、今後3年間で、更に150以上の自治体および各省庁ならびに一般企業への議事録作成支援システムの導入拡大を目指し、業務効率化によるコスト削減などにより、よりよいサービスを提供してまいりたいと考えております。

注釈
※翻訳・解釈などで、文の一語一語を忠実にたどること

以上

【会社概要】
<株式会社アドバンスト・メディア>
代表者 : 代表取締役会長兼社長 鈴木 清幸
本社 : 東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ文化会館6 階
U R L :http://www.advanced-media.co.jp/
設立 : 1997 年12 月
資本金 : 45億9,609万円(15,282,200株)(2013年9月末現在)
事業内容 : ◆AmiVoice®を組み込んだ音声認識ソリューションの企画・設計・開発を行う「ソリューション事業」
AmiVoice®を組み込んだアプリケーション商品を提供する「ライセンス事業」
◆企業内のユーザーや一般消費者へのサービスにAmiVoice® を提供する「サービス事業」

【本件のお問い合わせ】
■報道関係
経営管理部 広報チーム
TEL:03-5958-1307
FAX:03-5958-1032
E-mail:press@advanced-media.co.jp

■お客様
株式会社アドバンスト・メディア
議事録事業部  満山
TEL:03-5958-1035
FAX:03-5958-1033
E-mail:info@advanced-media.co.jp

【Copyright・商標】
Copyright 2013 Advanced Media,Inc.
AmiVoice®およびロゴマークは、アドバンスト・メディアの登録商標です。
記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。